みなとノート

本条千秋が経験したり感じ取ったりしたものをシェアするブログです。

【撮影記】佐用町のひまわり畑で視界いっぱいに広がる夏を満喫してきました。

こんにちは、本条千秋(@info_minatonote)です。

先日、兵庫県佐用町のひまわり畑へ日帰り旅行してきました。視界いっぱいに広がる夏を満喫してきましたので、撮影した写真で皆さんにも夏をシェアしたいと思います。

猛暑に体力を奪われながらの撮影でした

f:id:hy-ponch78:20170801182519j:plain

町をあげての一大イベントということもあり、佐用町南光ひまわり畑の規模は並大抵ではありません。視界に入る黄色い花、全部ひまわりです。この日も大勢の方で賑わっていました。

f:id:hy-ponch78:20170731173126j:plain

一見すると全部同じように見えるひまわりですが、よく見ると一輪ごとに微妙に個性があることが分かります。大きさ、形、色、向いている方向、どれも違うんですね。

この一枚は周囲のひまわりの中でもひと際輝いていた一輪をピックアップしてみました。

f:id:hy-ponch78:20170731172901j:plain

生まれて初めてひまわり畑というところに足を運んだのですが、ミツバチがこれでもかと飛んでいるんですね。私、ハチは苦手でして最初はちょっと怖いなと思いながらも、一生懸命花粉を集めている姿を見ていると段々と愛おしくなってきました。

こうして実際に目の前で見てみたり、触れてみたりっていうのは大人になってからも大事なんだなあと思います。どんどん世界が広がる感じ。そういう意味で、外に出掛けるきっかけを作ってくれる写真っていいね。

f:id:hy-ponch78:20170731172835j:plain

最後にググっと寄って日の出の太陽のようなひまわりをパシャリ。花粉集めに一生懸命なミツバチさんも入ってきてくれました。

ひまわりの花の明るくて元気、輝いているイメージが伝わるでしょうか。

また来年も訪れてリベンジしたい

この日は天気が曇りだったので、青空とあわせた「夏」っぽい写真は残念ながら撮ることが出来ませんでした。これはまた来年も訪れてリベンジしなければいけませんね。

佐用町のひまわり畑は関西の中でも随一の規模のもので、行ってみて本当に良かったです。これからも色んな場所へ写真を撮りに行きたいと思いを強くした、良い日帰り旅行でした。