みなとノート

本条千秋が経験したり感じ取ったりしたものをシェアするブログです。

【撮影記】紫陽花が美しい!夏の「神戸市立森林植物園」をフォトウォークしてきた!

こんにちは、本条千秋(@info_minatonote)です。先日、暑い太陽に照らされながら「神戸市立森林植物園」へカメラを持ってフォトウォークしてきましたので、記事にして残しておきたいと思います。

神戸市立森林植物園」は神戸の紫陽花の名所の一つ。7月も下旬となり紫陽花の本シーズンは過ぎてしまっていたようですが、品種は限られるもののちょうど見頃を迎えているものもありました。ラッキー!

今回も初めて訪れる場所ということもあり、「相楽園」をフォトウォークしたときと同様に「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を装着して散策です。

minatonote.hatenablog.com

一面が緑に囲まれる!白い紫陽花「アナベル」が見頃!

f:id:hy-ponch78:20170724163931j:plain

繁華街である三ノ宮からバスで40分ほど揺られて下車すると、視界一面が緑に囲まれていました。森林特有の少し湿った木の香りにも包まれて、気分が落ち着きます。

大木の持つエネルギーってすごいです。力強くて、優しくて、しなやかで。森の中を歩くだけで元気になりそうだと感じました。

f:id:hy-ponch78:20170724163939j:plain

紫陽花って、ただでさえ丸くてふわふわしていて、可愛らしいお花じゃないですか。それが白色だったらどうでしょうか。もうトップオブふわふわなのではないでしょうか。

こちらの白い紫陽花は「アナベル」という品種だそうです。こんなに可愛いお花だと、ついついふんわりとした雰囲気に仕上げたくなっちゃいますね。

f:id:hy-ponch78:20170724163947j:plain

小路に並ぶ「アナベル」の花壇です。うだるような暑さの中でも、視界がこうもさわやかだと歩みが自然と進みます。

見頃を終えた紫陽花たちもまだ見応えあり!

f:id:hy-ponch78:20170725130024j:plain

見頃のシーズンを終えたとはいえ、株によってはまだ美しく咲いている紫陽花もありました。一般的に見頃呼ばれるシーズンから大分経っていたのであまり期待せずに向かったのですが、良い意味で裏切られて本当に良かった!

紫色の紫陽花が多く植えられた花壇中に可愛らしい水色の紫陽花がぽつり。

f:id:hy-ponch78:20170725125952j:plain

紫陽花といえば梅雨のイメージが強いですが、暑い太陽に照らされる紫陽花も元気があっていいですね。

梅雨時の紫陽花を日傘をさした白いワンピースの少女と例えるならば、真夏の紫陽花は麦わら帽子を被った虫取り少年でしょうか。分かりにくい?

f:id:hy-ponch78:20170724173340j:plain

しっとりとした色合いの艶っぽい紫陽花がいました。あまりに花が美しかったので、構図は日の丸構図しか考えられませんでした。

f:id:hy-ponch78:20170725130244j:plain

葉っぱで相合傘をした仲良しの紫陽花たち。ただひたすらに可愛い。

f:id:hy-ponch78:20170725130103j:plain

見上げた状態で撮ると、緑の海の中にふわふわと浮いたくらげのようです。

f:id:hy-ponch78:20170724164036j:plain

こちらは「ミカワチドリ(三河千鳥)」という品種の紫陽花です。

どう現像するか悩んだ結果、思いっきりトリミングしてみました。花の可愛らしさを全面に出すことができたかな?マクロレンズが欲しくなります。

季節が混ざり合う植物園

f:id:hy-ponch78:20170724164040j:plain

真夏に足を運びましたが、よく見ると季節を勘違いした植物を見かけることがありました。

こちらはまるで秋口のような赤く染まりつつあるモミジの葉っぱ。美しいですね。

f:id:hy-ponch78:20170724164046j:plain

こちらも秋深まった頃の印象を受けます。どこか涼しげで哀愁漂う感じ、好きです。

f:id:hy-ponch78:20170724180122j:plain

上を見上げればしっかりと夏の木漏れ日があります。モミジの葉の形がしっかり出てキラキラしていますね。私が夏と聞いてイメージする絵はこんな感じ。

他にも素敵な被写体がたくさん

f:id:hy-ponch78:20170724164055j:plain

歩きやすく整備されているとはいえ3時間ほど歩き回ると少し疲れますね。踏みしめてきた道です。

f:id:hy-ponch78:20170724164051j:plain

植物園内にある美しいロッジの建物。ここで一度座って休憩しました。

f:id:hy-ponch78:20170724163959j:plain

入口付近に飾られた、枯れ葉で作られた酉の像です。

毎年その年の干支に合わせて作成されているそうなので、来年になったら戌が置かれているのでしょうか。ちょっと見てみたいかも。

f:id:hy-ponch78:20170724182140j:plain

最後は植物園内のカフェでスパイシーカレーをいただいて帰りました。疲れた身体にスパイスが効きます。

次は紅葉の季節に訪れたい

今回訪れた季節は真夏だったので、見どころは一部の紫陽花だけといった具合でした。少し物足りなさはありましたので、紅葉の季節に再チャレンジして次回こそ植物園を存分に満喫したいと思います。